転職者も多い!貿易事務の仕事で身につくスキル

貿易事務の仕事

転職者や未経験者も採用されやすい貿易事務の仕事は、日本と海外をつなぐ重要な業務をメインとしています。貿易に関する知識と英語能力が必要とされる仕事です。

貿易事務に役立つ資格ランキング

レディ
no.1

通関士

貿易事務に最も役立ちやすい資格が「通関士」です。貿易事務員として働きながら通関士の資格取得を目指している方も多くいます。資格の難易度は高いことで有名ですが、貿易のプロフェッショナルになることができます。

no.2

貿易実務検定

通関士の次に役立ちやすい資格が「貿易実務検定」です。民間資格ではありますが、貿易事務員として活躍するためにぜひ取得しておきたい資格です。C級からA級まであり、A級は通関士と同じレベルの難易度になります。

no.3

安全保障輸出管理実務能力認定試験

三番目に役立ちやすい資格が「安全保障輸出管理実務能力認定試験」です。輸出に関する法令や貨物の取り扱いなどに関する知識を証明することができます。安全保障貿易センターという組織が実施しています。

no.4

TOEIC

貿易事務に役立つ資格ランキング第四位が「TOEIC」です。貿易事務の仕事には英語が欠かせません。TOEICで高得点を取得しておくと、必ず役に立つでしょう。就職や転職の際にもTOEICは有利にはたらきます。

no.5

国際航空貨物取扱士

「国際航空貨物取扱士」の資格も、貿易事務の仕事に役立ちます。世界100カ国以上で実施されている国際的な有名資格です。難易度は高くありませんが、問題は英語で出題されるので、ある程度の英語スキルが必要とされます。

転職者も多い!貿易事務の仕事で身につくスキル

男女

英語スキル

京都でも正社員の求人が多い貿易事務の仕事は、英語で海外の企業とやり取りをする必要があります。そのため、貿易事務の仕事をこなしていくと自然に英語スキルを身につけることが可能です。

履歴書

コミュニケーションスキル

トラックのドライバーは、コミュニケーションが苦手な人でも続けやすい仕事ですが、転職者も多い貿易事務の仕事では、コミュニケーションスキルが必要不可欠です。企業とのやり取りや上司への報告・連絡などで高いコミュニケーションスキルが身につきます。

働き方の種類

男女

アルバイト・パート

働き方の種類の1つが、アルバイトやパートです。学生でも採用される働き方で、いくつかある働き方の中では最も気軽に働くことができます。シフトの融通や時間帯の希望も利きやすく、短い時間からでも働くことが可能です。

派遣社員

派遣社員として働く人は増えてきています。派遣社員は、勤める会社と直接契約を結ぶのではなく、派遣会社と契約を結んで働くことができます。自分のライフスタイルに合わせて働き方を決めることが可能なので、誰にでもオススメできます。

正社員

最もポピュラーな働き方の種類が正社員です。ドライバーでも貿易事務員でも正社員で働く人は多くいます。週に5日の一日8時間働くスタイルが一般的です。アルバイトや派遣社員に比べて、福利厚生面が最も充実しやすい働き方です。